「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ジキル&ハイド 石丸さんコメント

見られるかな…。
[PR]

by petitfluer | 2011-10-27 22:03 | 石丸幹二さん>舞台 | Comments(0)

シアターへようこそ ♪21~男の色気特集~

10/21放送~男の色気特集~

1.The Music of the Night/マイケル・クロフォード(オペラ座の怪人)
2.Money/Alan Cumming(キャバレー)
3.BEAUTIFUL/Mandy Patinkin(サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ)
4.American Dream/Jonathan Pryce(ミス・サイゴン)
5.Overture/(王様と私)
6.Le Temps des Cathedrales/Bruno Pelletier(ノートルダム・ドゥ・パリ)
7.Brush Up Your Shakespeare/Lee Wilkof,Michael Mulheren
    (キス・ミー・ケイト)  リクエスト曲
8.Jeux d'eau(O(eau))

Alan Cummingさん、石丸さんと同い年なんですね

ノートルダムからの曲は切なかった。
佳曲がいっぱいありますね。
欲しくなっちゃった…

シルクドソレイユの曲は、聴いていると動きだしたくなっちゃう。
フィギュアスケートの選手に人気があるのが分かります。

次回の放送は11/4の予定です。
[PR]

by petitfluer | 2011-10-22 23:42 | 石丸幹二さん>ラジオ | Comments(0)

シアターへようこそ ♪20~~現代のDIVA特集~

10/14放送~現代のDIVA特集~

1.ブエノスアイレス/パティ・ルポン (エビータ)
2.I KNOW HIM SO WELL/ELAINE PAIGE(チェス)
3.Some People/BERNADETTE PETERS (ジプシー)
4.蜘蛛女のキス/Chita R, Brent C, Anthony C(蜘蛛女のキス)
5.ひまわり/石丸幹二 様 (distance)
6.震える男/ 石丸幹二 様 (GOLD)
7.2ペンスを鳩に(メアリー・ポピンズ)  リクエスト曲
8.CALLING YOU(バグダッド・カフェ)

コンサート後の収録でお疲れのためか、
トークはやや控えめな感じがしました。


次回の放送は10/21の予定です。


[PR]

by petitfluer | 2011-10-14 23:14 | 石丸幹二さん>ラジオ | Comments(0)

シアターへようこそ ♪19~ティーンエイジャーミュージカル特集~

10/7放送~ティーンエイジャーミュージカル特集~

1.Good Morning Baltimore/Marissa Janet Winokur(ヘアスプレー)
2.Honestly Sincere/Chita Rivera(バイ・バイ・バーディー)
3.What is This Feeling/Idina Menzel(Wicked)
4.The Botch of Living/John Gallagher Jr.(春のめざめ)
5.Stiff Upper Lip/Harry Groener,Jodi Benson(クレイジー・フォー・ユー)
6.Once We Were Kings(ビリー・エリオット)
7.distance/石丸幹二 様 (distance)
8.もうすぐ17才/Connie FIsher,Sophie Bould(サウンド・オブ・ミュージック)
    リクエスト曲
9.All I Ask of You/Jackie Evancho(オペラ座の怪人)


2.「Honestly Sincere」

どこかで聴いた曲だと思っていたら、
花組のショー「イッツ・ア・ラブ・ストーリー」で使われていました。


次回は10/14(金)放送の予定です。


[PR]

by petitfluer | 2011-10-08 13:19 | 石丸幹二さん>ラジオ | Comments(0)

石丸さん@秋コン 初参戦! その②

11.It Ain't Necessarily So



ここでお衣装替えした石丸さん。


上下紺のスーツに黄色いシャツ、赤いネクタイ。



ここでダンスユニット『Bugs Under Groove』のTETSUさん、IYO-Pさん登場。


歌っている石丸さんの周りで踊ります。(次の曲の途中まで)



11曲目後のMC


「素晴らしいセクシーダンサー」(会場笑)


「スーパーカリスマダンサー」


「…はしゃぎ過ぎ?」(会場笑)



*回目の汗ふき(笑)



12.Night and Day




宝塚でのアレンジは聴いてて辛く、


なかなか納得のいく「N&D」を聴くことが難しかったのですが、


石丸さんVer.は癖がなくすんなり聴くことが出来ました(^^)


(宝塚版で納得いく「N&D」を聴くことが出来たのは、OG彩吹真央さんくらい)



13.SHE


曲の良さもさることながら、圧巻でした。


ますます石丸ワールドに嵌ってしまいそう…



13曲目後MC



バンドメンバー紹介



藤田 明夫さん(サックス/フルート)


「サックスの先生。リハーサル中(僕の)サックスの音が出なくなったんですよ。


 見てもらったら直っちゃいました」(なぜか会場笑)



萱谷 亮一さん(ドラムス担当)


萱「(石丸さんに)後姿が素敵です」(会場笑)


石「(萱谷さんは)上野の学校(芸大?)の後輩です」



澤田 将弘さん(ベース担当)


石「地元なんだよね?」


澤「吹田(?)出身です」


石「『L-O-V-E』の時の(ベース)ソロかっこ良かったですよね」



奥山 勝さん(ピアノ/キーボード/バンドマスター)


石「いつからピアノ・アレンジを始めましたか?」


奥「昨日と質問が違うよ~(・ω・;)ピアノは5歳から30数年…


  (口ごもる)(会場笑)。


  (アレンジは)中学生ぐらいから始めました」


石「早熟ですね~」(会場笑)(←自分で聞いて何を言う)



14.Mr.Cellophane



バンドマスター奥山さんの演奏のみで歌われました。


シンプルな伴奏のため歌がよく引き立って…。


まるで上質のみたい。



15.愛と死の輪舞



熱唱で*回目の汗ふき。



15曲目後のMC



今後の活動についてお話。



『GOLD』について


「アメリカで少しだけやっているけど、ブロードウェイでは上演されていない。


ちゃんとした所でやるのは、僕らが(世界で)最初かな」(会場笑)



「(今後の予定は)つらつらつらとあるけれど、これ以上は言えない」


(ジキハイ大阪&トート続投フラグ?)



16.Some Enchanted Evening



この曲も良いですね。


アンケートを書くとき、


「LCE」と「SHE」は曲を知っていたのもあってお気に入りに書いたけれど、


この曲も捨てがたかったな~。(書いたのはYou Raise Me Up)



17.Love Changes Everything



いよいよラストの曲。


石丸さんの歌の中で一番好きなので嬉しかったのと、


「本当は四季版訳で歌いたかっただろうな」という思いとでまた涙



ここで、皆様一旦退場。



(アンコール)



2度目の衣装替え。


黒いベスト、赤いシャツ、最初と似たようなタイ、薄い青のパンツ。



18.名もなき星になる日まで~別れの曲~



ジャズVer.のアレンジでした。



18曲目後のMC


「毎日ちょっとずつ違って、皆さん気を揉んでいらっしゃるかと」(会場笑)



白盤・赤盤の話(と宣伝)。



赤盤について


1枚目はスタンダードなジャズぽいナンバー中心。


2枚目は石丸さんセレクトのミュージカル曲。



「(SONYの担当者さんに)自分の歌も入れて~って(言いました)」(会場笑)


「(お買い上げになったら)もれなくこの手(握手会のこと)が付いてきます」(会場笑)



白盤の話


白盤の説明後


「もれなくこの手が~(以下同文)」(会場笑)



絵本の説明


「部屋中に広げて…」(会場笑)



ダラララ~ンはなかったので、成功したのかな?



「畳むのが大変」(会場笑)



*回目の水分補給。



19.Mack The Knife



ダンサーお二方再登場。石丸さんと踊ります。


石丸さんのステップが怪しくて時々ハラハラ。


動きが遅いのはご愛嬌





「皆様、気をつけてお帰りください」と下手側に去っていかれました。



握手会



白地にエンジ色っぽいチェックのシャツ(ボトム忘れました)


アクチュール・ステージで着用されていたものと似た感じです。



ひと言だけお話することが出来ました。


一対一で顔を合わすのは初めてだったので、


まともにお顔を見られない私の右手を取って、


両手でしっかりと(ギュ~って感じではない)握手してくれました。



暖かかったぁ~



補足



最後の方のMCで

「どうしてここで笑いが起こるんだろう?」(会場笑)



…石丸さん自身が面白いトークをするからだと思うけれど…。



以上で詳細レポを終わります。

何か思い出したら付け足すかもしれません。



大分行こうかどうか迷いましたが、思い切って参戦して良かった。

感動と元気をたくさん頂きました

[PR]

by petitfluer | 2011-10-01 18:48 | 石丸幹二さん>コンサート | Comments(0)

石丸さん@秋コン 初参戦! その①

昨日、兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールで行われた


石丸さんのコンサート「autumn with kanji ishimaru」へ参戦してきました



曲目リスト



1.Hello,Dolly!(ミュージカル『ハロー・ドーリー!』より)


2.Old Devil Moon(ミュージカル『フィニアンの虹』より)


3.L-O-V-E


4.君を求めて~ダッタン人の踊り~(オペラ『イーゴリ公』より)


5.distance


6.ひまわり(映画『ひまわり』より)


7.祈り~You Raise Me Up~


8.What a Wonderful World


9.Ne Me quitte pas~行かないで~


10.カーニバルの朝(映画『黒いオルフェ』より)



(衣装替えのため ♪BGM♪)



11.It Ain't Necessarily So(ミュージカル『ポーギーとべス』より)


12.Night and Day(ミュージカル『陽気な離婚』より)


13.SHE


14.Mr.Cellophane(ミュージカル『シカゴ』より)


15.愛と死の輪舞(ミュージカル『エリザベート』より)


16.Some Enchanted Evening(ミュージカル『南太平洋』より)


17.Love Changes Everything(ミュージカル『アスペクツ・オブ・ラブ』より)



(アンコール)


18.名もなき星になる日まで~別れの曲


19.Mack the knife(ミュージカル『三文オペラ』より)



本日の席は名目上、確かに2列目なのですが


いざ座ってみると…前の席が無い!…実質最前列…



本編


1.Hello,Dolly! 2.Old Devil Moon 3.L-O-V-E



お衣装は、29日のフォトメッセージと同じもの。


上下黒のスーツ、白いYシャツ、グレーベースの柄物スカーフをネクタイ風に。


席のおかげで目が合う



1~3曲目までノリノリで楽しそうに歌われていました。



3曲目後のMC


「喋りすぎて口が渇いた」(会場笑)と水分補給する石丸さん。



4.君を求めて~ダッタン人の踊り~



先ほどの陽気な表情から、急にシリアスな表情に変わった石丸さん。


さすが役者、切り替えが早い!



ここで早くもホロっときてしまった



4曲目後のMC


「浮遊しているような…気持ちよかった」(また水分補給?それとも汗ふき?)


「遠い目をして歌うんですよ」(会場笑)



5.distance



CDのやや抑えた感じではなく朗々とした歌い方だったので、


この曲の切なさはCDほどではなかったかな。


声の調子は悪くなかったと思います。



ここで*回目の水分補給(もう分からない)



6.ひまわり 7.祈り~You Raise Me Up~



前者はしっとり切なく、後者は朗々と力強く歌い上げた石丸さん。



汗ふき&水分補給。



7曲目後のMC


「いいですね、毛穴が開いて」(会場笑)



「ひまわり」について


「子供の頃映画を見た。(花が?)1個1個大きくて恐ろしい」(会場笑)


「自分の生まれ(月?)の花がひまわりで」(会場笑)



新作CDの話をする石丸さん。



(東日本大震災)被災地へのメッセージを語る石丸さん。


募金のお話をされていたのに、


帰りの時間が迫っていたので忘れていました



ここでサックス登場。しばしソプラノサックスについて説明する石丸さん。


自分のサックスを持って「へそ曲がりのサックス」


「私(石丸さん)のサックスショーみたいだ、という声があった」(会場笑)



8.What a Wonderful World


サックス演奏をしながら歌う石丸さん。



MC


イス登場。


「決して『行かないで』を数えないで下さい」(会場笑)



9.Ne me quitte pas~行かないで~


…途中で『行かないで』が何回か分からなくなりました



10.カーニバルの朝


これは宝塚のショーで(ビデオで)観た曲なので、


聴き覚えがありました。



ここでお着替えタイムのため、バンドメンバーの皆様でBGM



続きはその②にて。


[PR]

by petitfluer | 2011-10-01 12:00 | 石丸幹二さん>コンサート | Comments(0)